子供の身長を伸ばすための20箇条

 

 

ヘルシーで身長の高い子供を育てよう!いろんな方法を集約してはじめて身長が高くなります。秘伝や裏技なんてものはありません。以下の20箇条をしっかり実践していきましょう!

 

1栄養だけではなく睡眠、運動の成長三角形が大事
2成長食、大人と子供の食事は違う
3100歳まで耐えられる骨格と血管
4骨を伸ばすのがたんぱく質、骨を強くするのがカルシウム
5高たんぱく質低脂肪の食べ方を知る
6脂っこい豪華な食事はむしろ有害
7朝食は必ず食べる
8夜食に甘いものはよくない
9不要な添加物はなるべく避ける
10肥満児は身長の伸びが早く止まる
11野菜は大切だけど食べ過ぎは逆効果
12和食の優れた点は忘れない
13和食と洋食のいい面のみをいただく
14和のカルシウムで強靭な骨作り
15意外な盲点、亜鉛不足
16ビタミンではBが大切
17楽しく食べたほうが身長は伸びる医学的根拠
18小食の子には、まず食べる楽しさを
19早熟を防ぎのびのび子育て
20病気で伸びないこともある

 

 

身長を伸ばすのは、なかなか難しいものです。多くのことに日々気を付けることによって、少しずつ結果が出るものなのです。身長には遺伝の影響もあり、子供の身長をおおまかに予測できる公式があります。

 

・男子の身長:(父の身長+母の身長+13)÷2+α

・女性の身長:(父の身長+母の身長−13)÷2+α

 

ここから、どれだけプラスαを伸ばすかがポイントになります。言い換えれば、生活習慣によって、マイナスにいなることもあるということです。プラスαに大きく関係する栄養について「成長食」という新しい考えを提案しました。お母さんの味は体をとともに心を育てて、立派な体格として開花して、健康長寿の果実を結ぶことでしょう。そして、母のレシピはやがて思い出という種子を含み、次の世代へと受け継がれて、新しい日本の食文化となっていくのです。身長を伸ばすことと同様に、100歳まで生き抜く強靭な肉体は親が子に与えることができる、かけがえのない大切な贈り物になります。子育て中には、どうしても小さなことに気を取られ、目の前のお子さんの愛らしさや多くの可能性の芽に気づかないものです。どうぞ、身長だけに目がいくことなく、お子さんのさまざまざ可能性の芽を育ててあげてください。愛情をもって、笑顔で子育てができるといいですね。身長の低いお子さんの多くは、病気によるものではありません。しかし、極端に身長が低いお子さんの一部には、成長ホルモンなどによる治療が必要なことがありますので、早めに専門医を受診されることをおすすめします。このサイトが、少しでもみなあんの子育てにお役に立ちますよう、子供たちがのびのびと元気に育ちますよう、心から祈ってます。